高校中退者向け!就職に活かせるコツまとめ

*

高校中退で就職活動を成功させる方法

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・転職活動の幅がグッと広がるサービス満載!
・スカウト機能が嬉しい!
・職務経歴簡単作成ツールが使いやすい!
1.高校中退の約7割が非正規雇用という現実

 高校中退後に就職した人の約7割が、パートタイマーやアルバイトとして働いていることを、あなたは知っていますか?どんな事情があるにせよ、高校を中退した時点で、学歴は中卒になるため、応募できる求人が少ないことも、原因の一つでしょう。

 また、安易にフリーターとして働き始め、その期間が長くなることで、その後の就職活動が難しくなるケースも少なくありません。

 では、高校中退でも就職活動を成功させるためには、どうしたらよいのでしょうか。

2.計画を立てて就職活動をしよう!

 きちんと就職をしたいと考えているなら、計画をたて、しっかり準備をしてから就職活動を行う必要があります。

★ここがポイント!
  • まず自己分析
  • 自分が興味を持てる業界や仕事を絞り込む
  • 就職活動の計画をたてる
  • ハローワークや中卒就職支援サイトを活用

 就職活動を始める前にしておかなければならないことに、自己分析があります。自分の長所や短所、どんな業界や職種に興味・関心があるのか、得意なことは何かを考えるのです。自己分析の方法は、求人サイトや書籍で調べることができますので、まず、働きたい業界や職種を絞り込むことから始めましょう。

 その後、やってみたい仕事に必要な資格やスキルがあるようなら、それを取得したり、どうやって求人情報を集めるのか、応募書類の書き方や面接応対をどこで学ぶのかなど、自分なりの計画をたてます。

 そのうえで中卒でも応募可能な求人を多く扱っている、ハローワークや求人サイト、転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

3.やりたい仕事がわからないときは

 一日の中で仕事に費やす時間は、決して短くありません。だからこそ、自分に合った仕事を探すために、適職診断を受けるのもお勧めです。

 ジョブカフェや若者ハローワークなどで、無料で受けることができますので、自分に向いている仕事は何かをわかってから、就職活動を始めてみるのもよいと思います。

3年働ける就職を目指そう!

 残念ながら、高校中退者を含めた、中卒者の離職率は、高卒・大卒と比べると、ダントツで高い現状があります。せっかく就職しても、あっという間に辞めてしまうようでは、その後の仕事探しに悪影響を及ぼします。

 就職活動を行うときに、3年働き続けられる職場かどうかを、しっかり見極めましょう。

公開日:
最終更新日:2015/03/17